カレーエキスポのため万博記念公園へ チケット購入に大行列!

カレーEXPO 2016 in 万博に行ってきました。

 
カレーEXPOの記念すべき第一回目となる今回は関西のカレー店30店が出店。
その中から何店舗かのカレーをいただいてきました。

 
カレーEXPOのシステムは最初にカレーとご飯のチケットを購入し、このチケットをご飯各カレー店のブースに持ち込んで商品と交換する仕組みです。

 
チケットを購入出来るブースは1箇所。私たちは早めに来たんで良かったですが、お昼時になると長蛇の列が出来てました。

 
料金は、カレー2種類にご飯が付いたセットが1,000円。カレー単品は500円。ご飯の単品は300円となってます。

 
取り敢えず2,000円で2セットを購入。

 
チケット入手後は先ずはライスブースでご飯をもらいます。こちらも行列が…

 
ご飯を入手したらいよいよ30店舗の中きらカレーを選びます。

 
一回目は、ワルンの鶏とひよこ豆のキーマカレー、インド料理ジャイのエビカレーの2種類を選んでみました。

 
左側にあるルワンのキーマカレーはスパイシーでめちゃ美味い!
右側のジャイのエビカレーはエビの旨味がめちゃ出てます。

 
二回目は、グラン・テロワールの幻の宮崎尾崎牛のキーマカレー、まんねんカレーのまんねんとんこつカレーをセレクト。

 
どちらも甘ぁ〜いカレーでした〜!

 
追加でもう一回チケット購入の行列に並び3回目へ。
熱帯食堂の鯛のグリーンカレーとレオーネのスーパー肉カレーです。

 
左が鯛のグリーンカレー。ココナッツミルクのマイルドさと後から来る辛さが印象的。
右側はレオーネのスーパー肉カレーです。撮影前に少し食べてしまいました。
和風なお味のするカレーでした。

 
その他、一緒に行った方々から梵平(ボンベイ)のスパイシーキーマカレーや、若草カレーなんかを少しいただき今日も満腹です。

 
この日は万博鉄道まつり2016と同日の開催となったため万博記念公園への入場は大行列。

私たちが帰る13時半頃には、入場チケットを購入するために万博公園の中央入り口からモノレールの万博記念公園駅まで並んでました。

公園に入りさえすればめちゃくちゃ待つことは無いと思いますが、公園に入るのに時間がかかりそうなので朝早めに行くのがオススメです。

今日も美味しくいただきました。ご馳走様でした。


★おすすめ★

靱本町にある中国菜SHIN-PEIで中華ランチ

靱本町にある中国菜SHIN-PEIで中華ランチしてきました。
場所は靱公園から四ツ橋筋を一本東側に入った通り。
真っ直ぐ北に進めばペッシェニトロやピアノピアーノがある通りです。
と言っても少し歩きますが…笑

 
中国菜SHIN-PEIはこの11月にオープンしたばかりのお店で、
開店当日にも店の前を通ったんですが、入店するのは今回が初めてです。

 
SHIN-PEIの店の前に貼り出されたランチメニュー。
この日は(それともランチは固定メニュー?)酢豚セット(1,000円)と担々麺(900円)。

 
担々麺にもかなり惹かれましたが酢豚をセレクト。
待ってる間にジャスミン茶が出されました。

 
で、こちらがSHIN-PEIの酢豚セットです。
酢豚に蒸し鶏のサラダ、スープ、搾菜が付いてます。

 
まずはスープからいただきました。
優しいお味ですがしっかり味があり、これまでに味わったことのない感じのスープです。

 
酢豚。照り艶がいいですね〜
衣がサクサク!甘酢餡も程よい塩梅。
ちなみに、甘酢にはバルサミコを使っているそうでこれがめちゃいい感じ。
また、今日はお肉はイベリコ豚との事です。
ロースなので脂身が多いのが多少気になりますが、サクサクな衣と美味しい餡でめちゃ美味しいです!

 
こちらは蒸し鶏のサラダ。
蒸し鶏は超ジューシーで、ネギ塩ダレでいただくんですがめちゃ旨い!
付け合わせのトマトは揚げてから桂花陳酒に漬けてるそうで食べたことのないお味。
どちらもめちゃ美味しいです。

 
搾菜。こちらも何気に旨いです。

 
とにかく酢豚の衣がサクサクで甘酢の塩梅も私的にはめちゃ好み。
質の高い酢豚ランチでした。
ご飯は少なく見えますがお代わりできますよー。

今度は担々麺も食べてみたいなぁ〜
美味しくいただきました。ご馳走様でした。

 
店名:中国菜SHIN-PEI
営業時間:11:30~14:30 17:30~21:30
定休日:なし
住所:大阪府大阪市西区靱本町1丁目1-18日宝CUBE靭本町3号
最寄駅:本町
電話:0664477726


★おすすめ★